本文へスキップ

ギャラリー

イメージ02

環境 …地材地建

イメージ01

内からの家づくり

イメージ03

子供たちに伝えたい家

イメージ04

循環型建築文化

高気密住宅へ、自然からの警鐘! 〜アレルギーなどの住宅が原因の病気に苦しむ子供たちを健康にしたい!
人は自然から生まれたのだから、自然と調和して生きることが健康にとって最適なことです。人は自然から遠ざかるほど、病気を引き寄せてしまうのです。
しかし、現在の住宅は、科学技術で自然を征服しようとしています。アレルギーなどの様々な病気は、自然からの警鐘ではないでしょうか? 自然が伝えるメッセージを読み取らなくなった時、人も地域も国も、持続可能性への道は閉ざされていきます。
 
… 身土不二 …
 人は先祖代々、その土地で育った食物を摂り、幾世代の時を重ね、体(細胞・遺伝子)をつくりあげてきました。だから、地元の食材を食べることが、体にとって最も安全で、安心できることなのです。「身土不二」とは、私たちの体と土(風土)とは、切り離せないという意味です。人間は風土(自然)がなければ、生きていけません。自然と人間は一体という意味でなのです。
 住宅も、その土地で採れる、木・土・石・植物などを使って建てられてきました。だから、家は自然と共生し、風土に融合した景観を形成していました。家は厳しい気候や災害から、幾世代もの命を守ってきました。そして、家は100年、200年と寿命を全うすると、その土地の土に還り、新たな命を繋いでいきます。自然は循環することで持続可能なのです。やはり、家も風土と切り離せるものではありません。人と自然は一体であるという考えが、日本の家づくりの基本なのです。
☆ 家を建てるなら、ムクの木会 ☆ 自然の法則に従い、自然力を生かす家
ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)より、ゼロ・アレルギー・ハウス(ZAH)
できるだけ設備機器に依存しない暮らしが、健康・快適! 最新のスマート装備より、基本性能(安全、循環、長寿命)が先!
深呼吸する家(ZAH)は、
ZEHやHEMSなどのスマートハウスのような楽をする住宅とは違います! スマートハウスは、設備や制御機器は必ず故障するし、維持費や更新料などの費用がかかります。そして、家も設備も寿命が短く使い捨てです。常に新しい機器や住宅を買い替えるように誘導されます。

 現在の住宅で使用している、新建材・エンジニアリングウッド・石油化学製品などは、製造エネルギーが多く、環境への負荷が大きいものです。また、最終処分時には土に還すことができず、産業廃棄物にしかなりません。それは未来へ大きなツケを遺していくことなのです。
 住宅政策は、スクラップ・アンド・ビルド(資源浪費)の大量供給型の住宅を政策誘導しています。ハウスメーカーなどの大企業の既得権益を再優先しているということです。建て替えサイクルが早く、リフォームや修繕などに大金がかかる住宅を供給するほど、GDP値は上がり、経済成長と結びつくからです。ハウスメーカーや建材メーカーなどの大企業にとってメリットが大きいのです。また、国・県・市町村においても、不動産取得税、固定資産税、消費税が入る仕組みになっているのです。しかし、無理な経済成長を促す住宅政策は、浪費を促進することから、私たちの暮らしを、どんどん貧しくしています。その結果、環境破壊への補償費の増大につながっています。無理な経済成長は、不経済だという真実に気づかなければなりません。
 
☆ 品確法のトリック 
上記のような問題が発生する原因として、住宅政策のの中に「循環」という概念が欠如していることです。日本の住宅はどんなに製造エネルギーが大きくても、どんなに産業廃棄物を排出しようが、かまわないのです。性能評価基準となる「住宅の品質確保等に関する法律(品確法)」には、「循環」を評価する項目が欠如しているからです。物質やエネルギーの循環を無視することは、持続可能性を否定することに繋がります。自然の法則を無視する法律である以上、どんなに規制を厳しくしても、環境破壊を解決できるわけがありません。
 
 「木」天然乾燥材にこだわるのは、健康と環境を最優先に考えるから
 外張断熱も充填断熱工法も石油化学系断熱材やビニールシートを使用するのが一般的です。それらは透湿性がないため、それと接する柱などの木材は呼吸ができなくなります。それでは天然乾燥材が収縮変形してしまいます。木がアバレルと言いますが、ワレ、ソリ、クルイ、ネジレなどの現象が起こるのです。それが建物本体に歪みを生じさせ、クレームになります。変形しにくい人工乾燥材や集成材を使用するのは、そのためです。

 人工乾燥材は、強制乾燥に大量の化石燃料を使います。それは木材が生涯排出するCO2量の半分以上を占めています(カーボンフットプリント)。
 集成材は、木片(ラミナ)を接着剤で貼り合わせたもので、輸送や歩留まりからみても、製造エネルギーが多いものです。集成材や合板などは、化学物質を含むことから、シックハウスの原因になっています。また、最終処分時には燃やすことも土に還すこともできないゴミ(産業廃棄物)なのです。

 天然木の住宅と新建材の住宅との比較実験が行われています。天然木の家の方が集中力が高まり、疲労回復も早いという効果が実証されています。天然乾燥材は、ねばり強く、色艶・香りがよく、健康に良いなど、いろいろな価値を持っているのです。

 天然乾燥材の施工には、木を適材適所に使う経験と高い技術を持つ大工が必要です。深呼吸する家は、匠が一件ずつ丁寧に造っていくことから、健康で安心して暮らせるのです。

深呼吸する家は、自然素材で造り、自然の力を生かします知らせ

建築地場産業再生
「地域の木造住宅を、地域の木を用いて、地域の工法で、地域の建築者で建てる」(当会顧問・菊間山形大学名誉教授)。環境破壊を止められない規模の経済から、生態系を傷つけない建築地場産業の再生が必要です。
循環型建築文化
江戸時代までの日本は、高度な循環型社会を形成していました。明治維新以降の近代化は、循環型文化を全否定し、効率優先の規模の経済を推し進めました。その結果、自然法則である循環という概念が消え、環境破壊が深刻化しているのです。祖先が何千年もかけて築いてきた、循環型文化を見直す時代です。
寿命の長い家づくり
現在の日本の住宅の平均寿命は30年です。資源のない国が、資源を浪費が続けられるわけがありません。それでは、いつまでも豊かさを実感することはありません。循環型文化や伝統木構法を基本とした寿命の長い家づくりが重要です。
持続可能な居住へ
循環しないものに持続可能性はありません。環境に負荷をかけない、土に還る家づくりへの転換が必要です。できるだけ、地域で採れる木や天然素材を使うことを基本にしています。
量から質へ、モノから心へ 工業化偏重からの脱却
効率優先の大量供給システムから、定常化の住宅供給への転換が必要です。定常化とは、経済成長を絶対的な目標としません。あなたの想いを実現する、真に豊かな暮らしを追求していくものです。

profile

ムクの木会(事務局)

〒998-0838
山形県酒田市山居町1-3-19
  川田建築設計事務所
  一級建築士 川田季彦
TEL.0234-23-4237
FAX.0234-21-2108
 
E.mail info@kenchiku.gr.jp

ムクの木会とは、山形県庄内地方の建築技術者、学識経験者、健康指導員などで構成されています。人々の健康と環境を最優先に考えた「内からの家づくり」を実践しています。